高校サッカー開幕

高校サッカー選手権大会http://vod.ntv.co.jp/f/program/soc/滝川第二 0-1 山梨学院 試合はカードが出まくる主審のジャッジでいかにも高校サッカーらしい感じである。滝川第二がずっと攻めていて、単発的に山梨学院がシュートを打つという形になっている。守…

クラブワールドカップ決勝 レアル・マドリー対サン・ロレンソ

この試合を観ていて疑問に思ったことがある、何故かレアルのパスは回るのに、サン・ロレンソのパスはすぐカットされてしまう。パス回し以外にはそれほど差は感じないので、何がこれだけの差を生んでいるのだろうか。 レアル・マドリーの守備が上手いというの…

ガンバ三冠 ガンバ大阪対モンテディオ山形

この試合を観ていて気になったのは、山形が攻めていても得点に繋がっていない場面が多かったこと。ものすごく一生懸命に攻めていて、攻撃的サッカーだな、むしろ山形のほうが強くないかと思っていた。試合始めってすぐのプレスは速くカウンターの攻撃になる…

ガンバ優勝

ガンバ大阪対徳島ヴォルティスしょっぱい引き分けではあったが他の2位3位は負けていたので、この試合負けていても優勝ではあった。ガンバは何回もやったのでモンテディオ山形を調べていく。天皇杯準決勝 ジェフ千葉対モンテディオ山形図に使った色は次のよ…

ガンバ対ヴィッセル 図解

そういえば浦和レッズが2位に落ちていて、次勝てばガンバが優勝みたいですね。ガンバ1点目 宇佐美ヴィッセルの前プレが空振りして逆にピンチに鳴ってしまっているのがわかる。最終ラインが人数同数になので、宇佐美がドリブルで仕掛ければ点がとれるようにな…

天皇杯準決勝 ガンバ大阪対清水エスパルス

前半の早い時間から、ガンバが得点をする。その得点も雨による影響の得点で、キーパーの真正面に言ったボールを取り落としてゴールにしていしまう。もう一点追加して2点。 この時点でガンバが優勢になっていたのでゆっくり時間を使い出すと徐々にエスパルの…

キック動作の手の配置

キック動作の時の手の配置では、下のように手を足と逆方向に捻るというように教えられてきたり、そういう風に書いている画などがあります。私はこの教え方が良くないと思っているんです。こういう教え方をすると蹴った時のこの体勢で止まる人出てくる。こう…

ガンバ大阪VS浦和レッズ

優勝をかけた直接対決 レッズが攻めていたけれど決めきれないのと、ガンバの守りがしっかりしているので得点が入らない。最後の方にレッズが点を取ろうと上がったところでのガンバのカウンターが刺さると、レッズの守備が浮足立って、追加点を誘う。 やっぱ…

日本対オーストラリア

日本対オーストラリア序盤は、オーストラリアが積極的に運動量をかけてきたので、対応できていなかったのと、ほとんどパスも繋がっていなかった。けれど、決定的なシュートも打てていないので、体力を無駄に浪費したといっていいと思う。そのために、後半で…

日本対ホンジュラス

前半から飛ばして、前からプレスしていて、コーナーキックから得点。このコーナーキックは、ニアで合わせてキーパーが弾いたのを頭で詰めるようにして得点。 そうするのだったら、にあの人が頭でファーにすらすようなヘディングにすればキーパーが弾くという…

ドリブルと足さばき

足捌きについて サッカーのドリブルの動きとすり足の動きが似ていると感じて、ドリブルにすり足の動きを取り入れるのを考えていました。それですり足について調べていくと、能のすり足の説明がわかりやすかったのでそれを参考にしています。そのすり足なんだ…

サッカーのキックフォームの他のスポーツとの違い

サッカーのっキックフォームで、漫画でも表されるものだったり、写真で撮られたりする。キック動作は他のスポーツと比べるとどういったところに違いがあるのかというのを見ていっきます。 サッカーキックの種類で言うと、パスとシュートが違うのはあるし、も…

セレッソ大阪対ヴァンフォーレ甲府

なんだろうこの美味しい料理を混ぜたら不味くなってしまったような・・・セレッソ。ビルドアップはしないで、トップに蹴る→孤立→奪われる→カウンター→失点 こういうパターン。 トップに蹴って隙が少しでもあったら個人技で打開しようとして点が入れば成功、…

怪我をした時の体を調整して元に戻す方法

サッカーでは怪我がつきもので、その度に不調になって戻るまでに時間が掛かる。そういった時にどのようにして戻すかが問題になってくる。怪我の元が突発的なこともあるけれど、長いこと染み付いたくせによって体のバランスが崩れてそれによって怪我になって…

アンチェロッティの完全戦術論を読んで

アンチェロッティの完全戦術論 作者: カルロアンチェロッティ,ジョルジョチャスキーニ,片野道郎 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2014/06/09 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (7件) を見る 以前に、読んだ。 アンチェロッティの戦術ノート 作…

日本対ブラジルの結果を考える

ブラジル戦を見る前から負けそうなことは思っていたけれど、ネイマールに連続4得点されるとは思はなかったね。2点取られたら徹底マークするだろうと思っていたよ。ネイマールの得点はネイマール取らせようとしてはいなかったというのがあるので、チャンスを…

サッカーアジア大会終了

本戦になってから書こうと思ったら、1試合目で終わっていました。ペナルティーエリア内の不用意なファールでPKで失点して終了。 これ勝ったら見ようと思っていたので、見ることもなく終わってしまった。韓国が23歳以下で日本が21歳以下だったようです。

日本対ベネズエラ

得点にはならなかったけれど、最終ラインでボールを奪われる なんでこのシーンでボールを奪われるのか。 吉田から右にパスをするけれども前を向いてボールを受けれなかったので、フリーな人が多い方を向くことができなかった。そのために、プレスを受けた時…

アギーレジャパン始動

アギーレジャパンの公開練習が話題になっていましたが見た目以上に難しい内容だと思う。普通のクロスの練習では、キッカーの進行方向がゴールに向かうように走ってシュートするような練習が多い。そうするとボールにちゃんと当たると、ゴールの方向に飛んで…

利き足以外の習得法

利き足以外で蹴れたほうがいいのか こういう記事を目にしたので利き足以外の足も使えるようになったほうがいいんじゃないかと思って書いていきます。ここでの左利きの重要性はボールの保持の点を言っているので、両方の足でけれるレベルではなくて、左足でボ…

俯瞰してみること

ピッチ全体を把握する ピッチ上にいながらピッチのかなり上の方から見ているかのように俯瞰して考えることができる。それをどのようにして修得するのかというの考えていきます。 その前に、サッカーで選手の位置をデータとして把握するのに論文があったので…

「ミラクルボディー シャビ イニエスタ」の分析

前も書いたいたけども更に、もうちょっとほりさげてみようと思う。 スペインが決勝トーナメント出場できなかったのだから今更スペインの分析しなくてもいいじゃないかというと人もいるかもしれないが、分析することには意味があるだろう。 ティキ・タカ フッ…

ユニフォームをつかまれた時に外す方法

サッカーでユニフォームを掴むことはいけないこととされているが、よくあること過ぎて笛を吹かれないこともままあることである。それでも、審判に見えないようにやろうとすることがよくあることだと思いますで、審判に対してアピールしてファールとってくれ…

コンピューターを利用したサッカーの分析法の考え

将棋のプログラムがプロに勝ったのが気になったので、将棋ソフトがどのように戦況を判断しているのかについて調べていました。また、最近のサッカーをコンピューターで分析するのが流行りみたいなので、将棋ソフトとサッカー分析ソフトについて考えてみよう…

「サッカー データ革命 ロングボールは時代遅れか」を読んでみました。

サッカー データ革命 ロングボールは時代遅れか 作者: クリス・アンダーゼン,デイビッド・サリー,児島修 出版社/メーカー: 辰巳出版 発売日: 2014/06/30 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (3件) を見る 本の冒頭で、ロングスローが効果的というのを知…

キーパーが前に出るのはどれくらい効果的か

www.youtube.com ノイアーが前に飛び出す ノイアーが前に飛び出す動画が話題になっていた。クラブ・ワールドカップでのバイエルン・ミュンヘンの時にノイアーが裏へのパスをことごとくカットしていたのが印象に残っている。今回のワールドカップでも、ノイア…

ドイツ対アルゼンチン ワールドカップ決勝

ドイツ対アルゼンチンどちらも守備が堅い点が取れないような試合でしたが延長後半に、アルゼンチンのファールに対するドイツの抗議が行われた後に、得点をすることになる。 得点シーンサイドをドリブルで駆け上がりクロスを胸でトラップして左足てシュート …

ワールドカップ終わったので考察

どうすれば日本は勝てたのだろうかというのを考えていこうと思う。日本のポゼッションサッカーはあっていたのだろうか。サッカーの主流はどうなったのだろうかというのを考えてみる。例えば1位のドイツ2位アルゼンチン、3位オランダ4位ブラジル。 ドイツ…

ドイツ対ブラジル ワールドカップ 準決勝

ドイツ対ブラジルハイライト 動画ドイツがコーナーキックから、得点をするまでブラジルの思惑通りだったと思う。ただし、ドイツのコーナーキックは周到に用意し、練習されたコーナーキックだったわけである。ミュラーの得点を見ると、マークしているはずの選…

ワールドカップ準々決勝

ブラジル対コロンビア動画:リンクネイマールが負傷退場でその後骨折により試合出場が絶望的。試合内容はブラジルがCKから先制、フリーキックからブレ球で追加点。コロンビアは、1点を返す。フランス対ドイツ動画:リンク ドイツがあっさり点をとってしまう…